• ご存知ですか?

     

    ZEH(ゼッチ)とは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略。

    住まいの断熱性・省エネ性能を上げること、そして太陽光発電などでエネルギーを創ることにより、年間の一次消費エネルギー量(空調・給湯・照明・換気)の収支をプラスマイナス「ゼロ」にする住宅を指します。
    その ZEH(ゼッチ)について、詳しくご紹介いたします。

  • ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは?

    地球温暖化ガスの排出量削減が世界的な課題となっており、国内においても住宅の省エネルギー化は最重要課題のひとつとして位置付けられています。

     

    そこで、これまでの省エネに加え「創エネルギー」を導入し、自宅で消費するエネルギー量より自宅で創るエネルギー量が多い=ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の暮らしに注目が集まっています。
     

    政府は2020年までに標準的な新築住宅での実現を推進しています。

    政府目標

    住宅については2020年までに ZEHゼッチ(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を 標準的な新築住宅とすることを目指す。
    2030年までに新築住宅の平均で ZEHゼッチの実現を目指す。

     

    ※エネルギー基本計画

  • ZEH(ゼッチ)の家を建てるには?

    新しく家を建てる多くの方が ZEH(ゼッチ)の仕様を導入しやすいように、国は補助金を出し、普及を促進しています。

  • ZEHビルダー登録の事業計画書

    ■ZEHシリーズ受託目標

    平成28年度 … 40%( ZEH 受託率40% + Nearly ZEH 受託率0%)

    平成29年度 … 70%( ZEH 受託率50% + Nearly ZEH 受託率20%)

    平成30年度 … 70%( ZEH 受託率50% + Nearly ZEH 受託率20%)

    平成31年度 … 70%( ZEH 受託率50% + Nearly ZEH 受託率20%)

    平成32年度 … 80%( ZEH 受託率60% + Nearly ZEH 受託率20%)

     

    ■ZEHの周知・普及に向けた具体策

    ホームページ及び新聞広告等による周知活動。

    見学会などを開催する際にZEH住宅の資料を作成しお客様に分かりやすくエネルギー消費量がいかに少なく済、かつ高断熱外皮を持つ高性能住宅かという点をアピールする。

    2020年までにZEH普及率50%以上を目指す。

     

    ■ZEHのコストダウンにむけた具体策

    自社の基準仕様を定め、ZEHに向けた住まいづくりの必要性を取引先にも説明し、コストダウンに協力していただく。

     

    ■その他の取り組みなど

    住宅の断熱性能を高めるとともに自然エネルギーを最大限に利用できるプランをご提案します。